御厨神社

神事

秋祭

西の町

戦前に作られ古式にのっとり布団の部分が緩やかな流線型になっている。布団屋根には、正面に天満宮、左右に満月と三日月、裏面に松の扇が付けられている。上着は赤い蛸のはっぴ、下着はネルの腰巻を帯で巻いている。これは古くからの漁師町の特徴です。

北の町

武者物の狭間、布団台の龍、雲板の鳳凰、正隅の龍、紅梁の唐獅子、井筒端の唐獅子、布団メ隠し金具の手彫りの虎など屋台に施された見事な彫刻が特徴です。

地蔵町

大正7年尾上家新宅(現当主・尾上清茂氏)の寄贈により始まった。製作されてから100年の年数を重ねている。

原の町

平成21年に福里の荻野工務店にて新調した。昭和22年頃までは浜へ降り、坂を担いであがっていた。

福里

古い屋台が損傷し、昭和60年に現在の屋台を新調しました。本体は三段重ねの赤の布団屋根で屋台の欄間(らんま)、柱は欅(けやき)造り、横棒は檜(ひのき)の丸棒です。欄間は古い屋台の物を一部利用しており、戦国時代の合戦の細かい彫刻で埋め尽くされています。水引には黄金の勇壮な龍が踊り、虎などには魔除けの意味があります。

西二見

平成13年に、本体は荻野建設、彫刻は木下彫刻工芸(岸和田)、衣装は川村刺繍によって新調した。
狭間の題材は御厨神社の御神体を表している。 また高欄掛けには鯛、蛸、海老などを刺繍し、欄干にも海の生き物が彫刻されている。担ぎ棒は二見で唯一の角棒である。

岡の上

昭和54年に屋台造りのプロの手を一切得ずに、地元の大工の協力の下、地域の住民がみんなで協力し合って製作しました。

上西二見

反り屋根、木部は淡路の池田建築、金物は太子町の竹内錺金具店社長、竹内雅泉師のうっとり彫りー1枚の銅版で打ち出した一枚の飾り錺を高等な技術で金と銀でメッキしているー。御厨神社の御輿も竹内錺金具店の 製作である。

お旅所祭

参道南の御旅所(海の傍)に一年に一度神様が御輿に乗りお出ましになり、氏子の安泰を授ける神事。